旅日記 還暦親父の諸国漫遊記

還暦親父の旅日記。日常出会える"グルメ" "ラーメン" "音楽" "旅行情報" "ダイエット"を還暦親父の哀愁目線で発信していきます。

GLB200d ついに納車。それは「おかえりなさい」って優しく包み込んでくれる車だった

さてさて、メルセデスベンツGLB200dの話の続きを…

 

GLB200dの購入計画がトントン拍子で進んでいく事への不安感もあり―の、、安く無いからね、、、でもGLBが家族の一員になるかもしれない…というワクワク、ドキドキ感が入り乱れる1ヶ月が過ぎて行く

 

【前号までの荒筋】

 

enjoy-ongaku-tabi.tommysomekawa.com

 

この記事の内容は

 

GLB、サンルーフ仕様のパッケージはAMGを除くほぼフルオプション。

 

新車を買う時のイメージとして

 

  1. 新しい車のベースになる仕様を決める
  2. 必要なオプションを決めて行く
  3. 最終的な予算が決まる

 

こんなイメージを持っていませんか?

 

でもメルセデスの新車種の場合ちょっと違っているんですよ。

 

今回、トミー爺の希望として下記の3点を営業マンS氏にお願いしたんです。

 

  1. ディーゼル
  2. サンルーフがついている車
  3. 色は白かシルバー

 

そうすると営業所さんの方に新しく入ってくる車リストがあって、驚く事に8月納車できる車って全国で数十台もないんですよね…その一台を確保できたんだからラッキーでしたよ、、本当に、、、、

 

話は戻ってまず最初の1、と2、の条件に合う車を探す。

 

その時点で付属して来るオプション、例えば、サンルーフ車を選ぶとレーダーセーフパッケージと〇〇と××がセットで標準装備になっている。

 

そこから〇〇はいらない…と言うのは出来ないようになっているんです。

 

つまりドイツから出荷する時点で決まっている装備の車をチョイスしなければいけないんです。

 

噂によると発売から期間が経つと選べるようになる、、と言う話もあるけど、、、

 

トミー爺の場合、ディーゼル車、サンルーフ、、と条件を付けたので確かAMG以外のオプションがついてきたんです。

 

あとナビに関しては別販売になっています、、ちなみに15,6万くらいだったかな?

 

これはmbuxと関連してくるはずなので、迷わず選ぶことに。

 

だって

 

ハイメルセデス、、怪童キッドの家に行きたい、、、ってやってみたく無い?

 

話しは戻って、

それから営業S氏との値段交渉が始まり、結局、今B180の残債で月々支払っている金額よりも若干低めで設定が出来た。

 

これで晴れて契約に…

 

8/23が納車日、待ち遠しかった、、本当に、、

 

毎日ブログやTwitter で皆さんからの情報をチェックして胸膨らませていましたよ、、我ながら子どもだと思っております。

 

ついにGLB200d ハヤブサ号 納車されるの巻き

 

なぜ「ハヤブサ号」かというと、今まで乗っていたB180のナンバーがハヤブサ8823だったんです。

 

B180、6年間一度も事故もなく、これという故障もなかった、、非常に好印象の車だったので、今回のGLB200dもそれにあやかって二代目ハヤブサ号にしました。笑い

 

実はメルセデスの車システムの売りが「MBUX」、俗にいう「ハイメルセデス、、東京タワーに行きたい…」例のあれです。

 

イメージとしては車にパソコン、スマートフォンを内蔵している感じなんです。

 

これが後でトミー爺とハヤブサ号との悪戦苦闘の物語の序章なんですが、それは後程…

 

という事でMBUXと車、携帯をつなげるアプリ「メルセデスミー」というのがあり、それを使うためにトミー爺のプロファイルを作る作業から納車スタートです。

 

プロファイルですよ、、まるでパソコンじゃないですか…ちょっと年寄りにはついていけない世界になって来てている…

 

f:id:tommysomekawa:20200911172825j:plain

ハヤブサ号のカギです、

f:id:tommysomekawa:20200911172831j:plain

 

遂にご対面

 

f:id:tommysomekawa:20200911172711j:plain

f:id:tommysomekawa:20200911172800j:plain

 

サイズ的には大きくもなく、小さくもなく、日本の市街地走行には丁度良い大きさで、何と言っても運転席に座ると「おかえりなさい」って感じでリラックスさせてくれる車でした。

 

こんな車って初めて、、それまでデモカーで35やV、C、GLCと乗らせてもらったけどこんな感覚は初めてでした。

 

乗った時に「戦闘モード」になる車と「落ち着ける」車、2タイプある?

 

昔から感じていたんです。

 

若い頃、編曲家のマネージャーやレコーディング制作をやっていたので、仕事場、スタジオを出る時間がAM3時平均、、神経と身体が疲れている時に車に乗る、、

 

乗ったことがないけどポルシェとかは「よーし一丁行くか!」感じなのかな?

 

トミー爺は真逆な車が好きだった…その頃は確かマツダフォードのフェスティバだったかな、その後にオペルのアストラ…に乗っていたけど戦闘モードの車ではなかったけど落ち着ける感じでもなかった…

 

しかしGLB200dハヤブサ号はシートに座った時にスーッと力が抜ける感じ…これが第一印象。

 

そしてエンジン掛けても同じ印象、、いい車に出合えたって感じが…

 

メーターが液晶で、なんでもできるってことは、逆に大変だ!

 

f:id:tommysomekawa:20200911172843j:plain

 

これを見て下さい。

 

この写真の左に、写っていないけどナビの画面、液晶でそれが一体型になっているんです、、その液晶が、これが曲者で

 

左右のメーター、普通だったら左がスピードメーター、右がタコメーター…が普通ですよね、、ところがこのGLB、きまった形がない…

 

つまり左のメーターの所にスピードメーターや燃費系メーター、ナビ、、など選べれるようになっているんです。

 

同じようにセンター部分と右の部分にも…ナビを表示出来る所も、、とにかく色んな選択肢がある。。

 

これって便利そうで、実はどうしてよいのか?どれが自分の運転スタイルに合っているレイアウトなのか?

 

選べるスタイルが多すぎて収集がつかない…笑い。

 

本当です。

 

納車から2週間くらい経つのですがまだ決めれない状況、、

 

使いかってが良いシステムに、トミー爺スタイルの車をセットアップする

 

これからそんな汗と涙と笑いの物語を紹介していきますね

 

お楽しみに…