旅日記 還暦親父の諸国漫遊記

還暦親父の旅日記。日常出会える"グルメ" "ラーメン" "音楽" "旅行情報" "ダイエット"を還暦親父の哀愁目線で発信していきます。

ハワイ旅行 これってハワイ持ち込み禁止? 税関申告カードで四苦八苦。

Aloha~お元気ですか?、、のトミー爺です。

 

さて、今回はハワイ、米国に入国する為に事前に書かなければいけない「税関申告カード」についてのドタバタ劇を紹介させてください。

 

f:id:tommysomekawa:20180616124236j:plain

 

ハワイ入国、税関のやり取りが一番心配だった

 

「ねぇ、ねぇ、、トミー爺、、何が心配だったの?」

よくぞ聞いてくれました。

 

実はハワイ、米国って持ち込み禁止の食品があるって知っていましたか?

 

今回、トミー爺一行(実際はカミさんとトミー爺の二人だけ、、)が泊まるホテルがコンドミニアム型のホテルなんです。

 

つまり自炊が出来るホテルという事で、カミさんは「アレを持っていこう、これはどうだろう…」みたいに、日本から持っていく食品を物色していたんですよ。

 

最初は「そうだ、そうだ、、」なんて一緒盛り上がっていたトミー爺なのですが、あるネットを発見してビビりました。

 

ハワイに持ち込みが出来ない物がある

 

アメリカに肉類(生、乾燥、缶詰を含む)、肉製品、果物、植物、種子、土などを持ち込むことは禁止されているらしい、、


持ち込み禁止物を持っていて税関に申告をしなかった場合は、虚偽申告とみなされて多額の罰金を徴収されることがあるんですって、。。。

 

 

この書き込みを見て小心者のトミー爺、ドキドキものです。

それを横目にカミさんは色々と物色始めるし、、

 

ハワイに持ち込み禁止されているもの 

米国への持込品に関して「在日米国大使館・領事館」HPをチェックお願いします。

 

米国への持込品に関して | 在日米国大使館・領事館

 

簡単にまとめてみると

 

 

食料品に関しては、持込み禁止されている物の見分け方が難しいので要注意らしいですよ。
 

アメリカには、肉類(生、乾燥、缶詰を含む)、肉製品、果物、植物、種子、土などを持ち込むことは禁止されているとの事で、これらを持っていて税関に申告をしなかった場合は、虚偽申告とみなされるらしいですよ。

 

そして見つかったら多額の罰金が科せられることがあるとの事でした。

 

【主な持ち込み禁止食品】
肉、ハム、ソーセージの畜産物、牛肉エキスや乾燥肉を使用したインスタントラーメンやスナック菓子なども持ち込みが禁止。

 

【分かりづらい食品】

うっかり持って行きそうな、持ち込み禁止食品は、レトルトカレービーフシチュー、インスタントラーメン、ブイヨン、粉末スープミックス、海苔たま、牛肉ふりかけ、スナック菓子、カップ麺、機内で出された果物、バナナなどの果物など。
 

とにかく成分をチェックしてからでないと大変な事になる。

 

【条件付きで持っていけるもの】

  • 幼児に飲ませるための牛乳製品。
     幼児用であれば、未開封のものを少量または数日分であれば持ち込み可能らしい。
  • 米は、精米してあるものは持ち込み可能です。
    殻がついているものは持ち込み禁止だけど、精米ならOKらしいです。

 

 

かなり細かい規定があって、つまり日本でOKだから大丈夫だろう…ではダメってことですね。

 

そして先ほど出てきた「多額の罰金が…」って気になりませんか?

 

調べたら違反するとハワイ入国の際に税関で没収され、おまけに罰金も$500(約5万円)という高額な制裁金らしい。

 

どうやらアメリカは嘘ついたことがばれると、かなり対応が厳しいらしい…

 

「トミーさん嘘はいけませんよ、ちゃんと申告してくださいね…」という事だよね、、、

 

食料品に関しては、申告しておけば没収されるかもしれないけど、罰金は免れるらしい…正直に申告しておきましょう。

 

ますますビビッてくる。

 

機内で税関申告カードが配られる 

という事で出国前に色々調べて、今回は 

  • 精米
  • 梅干し
  • 海苔
  • そーめん

    を持っていく事にしました。

 

さて日本を出発してから2時間くらい経った、確か夕食後だったかな?

ハワイ、アメリカに入国する時に必要な「税関申告カード」が配られました…

 

前回のハワイ旅行はハワイへの持ち込み品はなかったので全てNOで答える事で税関はパス出来たけど、今回はコンドミニアムに滞在するので、お米やソーメンなどを持ってきているのでしっかりと申告しなければ…

 

先ほども書かせてもらったように、今回、トミー爺的には税関でのやり取りがかなりのプレッシャーになっていたので、緊張してきましたぁ~!

 

税関申告書の書き方で四苦八苦

所が!申告カードを書く段階で発覚したのが、事前に英語のスペルを調べてこなかった…という事。

 

やってしまった大チョンボ

 

おまけに機内ではWi-Fiは使えず、調べるすべがない事に気が付く。

 

えーと、、男トミー爺、ここはしっかりとしなければ…

 

まずは気を取り直してまずはチャレンジだ、、、落ち着け…

 

「米はRiceだろー」

「塩はSalt」

「ソーメンは、、えーと誰かがブログでSomenって書いたって言っていたのでSomenで行こう…」

 

それから

 

「梅干しって?さあ困った、、どうしよう…」

 

ここは男、トミー爺、気合で「Umeboshi」と書きました、、、、、、

笑い~泣き~汗、汗、汗。

 

調べたら「Salted plum」というらしい…

 

このままで本当に大丈夫かな?

 

最後に難問、「海苔って?」どうやら英語では「Seaweed」というらしい…以前調べたんだよね、、

 

でも、でも、、忘れてしもうた…確か「sea…」までは覚えていたんだけどね。

 

そうそう今回、調べていたらJALさんのHPに税関申告書のかきかたが詳しく出ていたので紹介させてください。

 

JAL 申告書の書き方】

www.jal.co.jp

 

持ち込めなかったら現地調達っていう方法もある

 

誰もがハワイ旅行中に日本食が恋しくなった時のために…なんていう理由でカップ麺やスナック菓子を持って行きたくなりますよね。


でも先ほど紹介したように、持って行けるものと禁止されているものがある。

 

しかし、ハワイで調達できるものも結構あるので現地で買うのもありだと思います。
 

ABCストアやドン・キホーテなどで買うことがでるし、麺類はワイキキとダウンタウンに「丸亀製麺ハワイ店」もあるし、アラモアナショッピングセンターにも日本でおなじみのお店もある。

 

ただ、日本よりはちょっと高い金額だけどね…

 

罰金を払うリスクを考えるとありですよね…

 

事前に税関申告書を下書きして持っていく手も

それと下記のサイトでは税関申告書にPC等で記入できるみたい。

これで自前に調べて持っていって、機内で配られた用紙に書き写すことも良いのかも…

 

https://www.cbp.gov/sites/default/files/assets/documents/2018-Jan/CBP%20Form%206059B_Japanese.pdf

 

 

それと後で気が付いた事が一つ。

 

 

あの時は舞い上がっていたから気が付かなかったけど、CAさんに聞けばよかったかな…

 

親切にスペルを教えてくれたかも…、、、泣き。

 

 

 

そうこうしていると飛行機はハワイに到着する事に…どうなるやら…