旅日記 還暦親父の諸国漫遊記

還暦親父の旅日記。日常出会える"グルメ" "ラーメン" "音楽" "旅行情報" "ダイエット"を還暦親父の哀愁目線で発信していきます。

ハワイ旅行 行くぞパールハーバー! でかいぞ!「戦艦ミズーリ」の、、、巻

【ハワイ時間 4月6日(金)】二日目 2

 

やっとの思いで「パールハーバー」へ向けて出発。

しかしAM8:30、Tギャラリア出発のバスを選んだために現地で「えー!!」という事件勃発。

 

それは幸か不幸か?

こうご期待、、、。

 

という訳でAloha~のトミー爺です。

 

 この記事の目次は 

 

いやー今回、朝から猛ダッシュでやっと間に合った「ワイ・トロ・パー」還暦半ば歳になって朝の猛ダッシュはキツイ、、、笑い。

 

 

その模様は下記の記事でチェックよろしくです。

 

enjoy-ongaku-tabi.tommysomekawa.com

 

ハワイ旅行、トロリーバス5ライン制覇へスタート 

 

今回のハワイ旅行はワイキキトロリーバスをフルで利用してハワイを満喫する計画。

 

目標、5ライン全制覇!!

 

今回利用する予定のワイキキトロリーには5つのラインがあり、ここでちょっと復習すると、、、

 

 

【ワイキキトロリーバスって何?】

ワイキキトロリーバスは、ワイキキの主要なホテル、ショッピングセンター、観光スポットを5つの路線で結ぶ、ワイキキ観光の力強いパートナー。5つの路線はすべて乗り降り自由、乗り換え自由。

 

 

 【ワイキキトロリー5つのラインの紹介】

 

  1. パープルライン     パールハーバー観光コース
  2. レッドライン  ハワイ歴史観光コース
  3. グリーンライン ダイヤモンドヘッド観光コース
  4. ブルーライン  パノラマコースト観光コース
  5. ピンクライン  ショッピングコース

 

 

こんな感じに、それぞれハワイの主な観光ポイントを網羅した運行ラインになっているんです。

 

利用する側が目的に合わせて運行ラインを選んだり、バス停で各ラインを乗り継いだりして楽しめるようになっているので便利ですよ。

 

f:id:tommysomekawa:20181002180940j:image

 

トミー爺&カミさん、何故か?ひょっこりはん? 


それと今回乗るバス。

 

パープルラインと言っても、バスが紫色という事ではなく、前の記事で紹介させてもらったようにフロントに旗がついていて、その色で識別するようになっています。

 

殆どのラインは吹き抜け、オープンエアー満喫所帯になっているけどレッドラインの一部は冷房付きで、車両も赤。

 

例えば、どんな雰囲気か…というと、グリーンラインの写真を、、、緑いろの旗があるでしょ…それが印になっている、、参考になるかな?

 

f:id:tommysomekawa:20180927173006j:plain

 

オー、バックミラーにトミー爺が、、その上の〇ミラーに撮影中のカミさんが「ひょっこりはん?」みたいに映っている、、笑い。

 

 

f:id:tommysomekawa:20180927173010j:plain

 

「ハーイ、左に見えるのは、、ハワイの景色です?、、笑い」

 

と、、Mr.ドライバーさん、運転しながらずっと観光ガイドもしてくれる…

 

でも、 感心するのはMr.ドライバーさんたち、本当に物知り、、ハワイの土地、歴史に精通している人ばかりだった、、、さすがだね!!

 

 

そして、今回利用するワイキキトロリーは2階建てのバスも多く、そのほとんどが窓がないオープンカー、、。

 

進行方向に向かって左右にベンチシートが設けられていて、転落防止用にパイプが二本ついているだけのオープンカー仕立ての観光バス。

 

ルート観光案内をしながらMr.ドライバーが停留所のアナウンスもする。

 

乗客がおりたい停留所で自己申告、例えば、「ゲットオフ」というと降りれる仕組みになっている。

 

待ってろよ!「戦艦ミズーリ」「アリゾナ記念館」  

 

さて、トミー爺一行の初日予定は「ワイ・トロ・パー」に乗って「パールハーバー」に行き、そこで「戦艦ミズーリ」と「アリゾナ記念館」を見学するのが主目的。

 

始発から約1時間強の旅で、、、下記の運行表の7番目の停留所「パールハーバー」で下車。

 

f:id:tommysomekawa:20180927160258j:plain

 

それまでは市街地を抜け、田舎道?にはいり、今建設中のハワイ鉄道の高架もチラ見しながらAM9:30、約1時間くらいでパールハーバーへ到着。

 

バス停から5分くらい歩いて入場口へ、、

 

何と入場ゲートは厳重警戒態勢!持ち禁多し、、 

 

入場口から中はバッグ等は持ち込み禁止、、持ち込めるのは下記のものだけ…

 

  • 財布
  • 携帯電話
  • ペットボトルの飲み物
  • カメラ
  • ビデオカメラ
  • ジャケットなどの衣類
  • 車椅子
  • ベビーカー
  • 持薬

 

それ以外はビジターセンターの右の「Baggage Storage」に預けるのがルール。

 

料金が荷物1つにつき保管料が$5必要という事で、トミー爺一行も大き目のリュックを持っていったので、そこにカミさんのバッグを押し込み荷物一個として預ける。

 

トミー爺たちが持ち込む荷物は帽子、カメラ、財布、水のペットボトル、携帯の予定。

 

そして荷物を預けた後、入場チェックゲートで服装等チェックされ、そして中へ…結構、引っかかっている観光客が多かったですよ。

 

正面に発券所を発見(ハッケン)、、?

親爺ギャグ炸裂のトミー爺、、今日も絶好調!笑い。

 

、、が、、、、しかし、、????

 

スタッフに「ミズーリ」と「アリゾナ」のチケットを買いたいと言うと、すでに「アリゾナ」はソールドアウトになっているという…

 

朝9:30の時点にソールドアウトですよ、、、

どうやら調べたら1日1300枚くらいしか発券されないんだとさ。

 

それも早いもの順らしく、、団体さんも多かったので、早くいかないとダメってことか?

 

という事はワイ・トロ・パーの時間AM6:00、かAM7:20発で向かった方が良かったという事????

 

後でパンフレットを見るとネットで見学予約もできるという事が判明、、

知らなかった、、参ったな、、、

 

早く言ってよ「アリゾナさん」

 

デカいぞ!すごいぞ!「戦艦ミズーリ」! 

 

という事で、今回は泣く泣く、、ミズーリだけ見る事にする。

しかし事件があとで正解だったのが分かる、、、

 

ちなみに「戦艦ミズーリ」の見学料は一人$29、今回二人なので$58でチケットをゲット。

 

そして右奥に止まっているバスに乗り戦艦ミズーリへ、、そうそう、道中、アメリカの海軍基地の中を通るので撮影は禁止になっている。

 

5分弱で「戦艦ミズーリ」に到着。

 

f:id:tommysomekawa:20181002180955j:plain

 

天気もよく日本語ガイドの方の説明もとってもわかりやすく戦艦ミズーリを取り巻く逸話に涙が、、、

 

続きは後日。

 

お楽しみに

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【トミー爺のお勧めハワイ情報誌 】

 

ハワイ初心者からより深い情報を知りたい人にはもってこいの海外旅行バイブルのような一冊。トミー爺もお世話になりましたよ!

ただ、一つ難点は老人には情報が詰まり過ぎて文字が小さい、老眼鏡必携の一冊です。笑い。

 

地球の歩き方「ハワイオアフ島」】

地球の歩き方 ハワイ1 オアフ島&ホノルル 2018~2019

 

 

2018~2019年版の掲載内容。

定番・最新情報はもちろん、帰国後にハワイの歴史や文化などが知りたくなる、、そんなときに役に立つ情報も満載。

一家に一冊置いておきたいハワイのすべてを詰め込んだ究極のハワイ本。

  1. What'New
    今するべき「ホノルルの楽しみ方8」 ショッピング、ビーチホッピング、トレッキングに食べ歩き。目的別に200%楽しめるプランを紹介。

  2. Special
    注目のカポレイ。グランドオープンのカマカナアリイ。

  3. 特集
    インターナショナルマーケットプレイス/ファーマーズマーケット/ワイキキ史跡巡り/ローカルグルメ、ハワイアン料理/ (ウクレレハワイアンジュエリー、アロハシャツ、ムームー、コーヒー)

  4. 別冊マップ
    オアフ島/エリア別/ワイキキ・ホノルル詳細分割図/ワイキキトロリーの乗り方と路線図

 

地球の歩き方 リゾートスタイル ハワイ バスの旅 2018~2019 】

 

2.5ドルで巡るオアフ島小旅行。 オアフ島を網羅する市バス、通称“THE Bus"。地元の人の重要な交通機関は、ビジターにも便利な交通機関

 

「2018~2019年版の内容は?」

  1. ザ・バスで行く、おすすめモデルルート ザ・バスの利用法/バスの旅体験談。

  2. ザ・バスの基礎知識 停留所とバスの乗り降り/乗換のノウハウ/バス内で気を付けたいこと/バスの最新情報を入手する/シャトルバス情報 ワイキキ・トロリー/ レンタカー情報 。

  3. 地球の歩き方オリジナルマップ ワイキキ/ホノルル/オアフ島/主要バス路線図/主要バス停の詳細図/ルート一覧/ビクトリア・ワード・センターズ/パールリッジ・センター/カパフル通り/ハレイワ・タウン 。

  4. 主要ルートのマップ&時刻表

  5. バスで行く旅の見どころ ショッピングセンター/タウン探訪/ビーチ/アトラクション/史跡・博物館