旅日記 還暦親父の諸国漫遊記

還暦親父の旅日記。日常出会える"グルメ" "ラーメン" "音楽" "旅行情報"を還暦親父の哀愁目線で発信していきます。

ハワイ旅行 戦艦ミズーリ、、悲しき英会話力?何て言ったのミスター?

【ハワイ時間4月6日(金)】二日目 3

 

事前の下調べをサボったために「アリゾナ記念館」の見学が出来ず、ちょっとだけ意気消沈しながら「ミズーリ」の所に到着。

 

いきなり目の前には全長270.4mの巨大戦艦が…出現だー!。

 

f:id:tommysomekawa:20181003141130j:plain

いい気なもんでそれを見て興奮マックス!!

という事で、Aloha~のトミー爺です。

 

 この記事の目次は

 

これって何の写真撮影?セキュリティ?ピース!イエーイ! 

 

まずは「戦艦ミズーリ」、全体像をパンフレットで確認してみましょう。

 

f:id:tommysomekawa:20181003141103j:plain

 

早速、見学用の入り口に向かうトミー爺一行。

??? あれ?人が並んでいるぞ、、

 

それにみんな写真を撮られている、、セキュリティの関係なのかな?

だってここはアメリカ海軍の基地の敷地内だからね…

 

きっと入場者全員、写真をとっているんだな…と思い、そこに並んだけど、順番が近づいてくるとトミー爺、ちょっと緊張気味、、

 

大丈夫かな?

何が??「大丈夫?」意味がないけど心配してみる、、、笑い。

 

デモ、でも、、でもですよ、、

 

みんなピース!!!とかしているし、、、????

なんで?セキュリティー用の写真でしょ、、なんでピース?

 

あっ、、トミー爺の番が来た!!

長い物には巻かれろ派?のトミー爺、、、

 

トミー爺一行も「笑顔でピース!」

もう一度、、小指と親指で「イエーイ!」

 

、、、、、、、、、、、、、、

 

何の事はない、、来場記念のフォトブック用の写真撮影だったんです。

 

あとで希望者は購入できるらしい、、、見学終了後、、土産店をチェックしていたら、、ありました、、トミー爺たちのピース写真、、、値段は5~6千円くらいしていたかな?

 

もし希望する人は「満面の笑顔でピース」でね、、

トミー爺たちはパスしました。笑い

 

戦艦ミズーリの逸話に涙が、、 

 

さてミズーリに乗り込む、、そうすると日本語無料ツアーがあるという事で、迷わず申し込む事に…何せ無料だからね、、、

 

見学ツアー開始までにちょっと時間があったので甲板を散歩する事に、、、

 

いよいよツアー開始、60歳代の男性ガイドさん、ツアー参加は10名くらいで廻る事に

 

f:id:tommysomekawa:20181003141201j:plain

 

これがミズーリの主砲、口径40.6センチで3砲塔9門あるとの事でちなみに日本の戦艦大和の主砲が46センチらしいよ。

 

f:id:tommysomekawa:20181003141221j:plain


これが砲弾、重量は860kgあるらしい、、左にあるのがこの砲弾を飛ばすため火薬を入れる薬莢、左の白い袋が50キロ火薬、この砲弾を飛ばすためには50キロ火薬が6個必要との事、、すごい…

 

ちなみに射程距離は37キロ、一回の発射で4桁万円かかるとの事で、一度バーンって打つとマンションが買えるってこと?

 

 

f:id:tommysomekawa:20181003141244j:plain

 

またこのミズーリ第二次世界大戦終戦の調印式がされた所としても有名らしいです。

 

その記念碑と説明が…

 

また船尾近くには日本の神風特攻隊一機が衝突した跡もあった。

 

上のパンフレットのDを参照

 

その話をガイドさんから説明されると、戦争の悲惨さ、命の大切さ、、色んな事を考えさせられた…

 

さて、ツアーも終了、それから自由に艦内を見て回る、、 船内に入って食堂や写真展なども見学することに、、。

 

戦争の悲惨さが手に取るように分かるし、日本人として考えさせられるね、、、、、

 

f:id:tommysomekawa:20181003141302j:plain


ここが一番高いデッキから見た船首、迫力あるー!

 

英語で「見学終わったの?」と聞かれて舞い上がる 

 

さてワイ・トロ・パーの時間、PM1:05出発のバスに乗る事に決定。

12時になったので戦艦ミズーリ―をあとに…循環バスにのり入り口に戻る事にすることに、、。

 

この後、アラモアナショッピングセンターに寄って買い物する事に決定。

 

まてよ、当初予定のミズーリを見学して、その後にアリゾナ記念館に行っていたら今日の予定はパールハーバーだけで終了していたかも…

 

アリゾナのチケットが買えなかったのが良かったかな…

不幸中の幸い、、なんてカミさんと話をしながら入り口に戻ったんですよ。


トイレを済ませ、トミー爺一人で入館する時に預けたバッグを受け取りに…カミさんはお土産の物色ツアー開始、、

 

受付に行き、預かり証をスタッフに見せる、、と、スタッフの男性から「you done?」と声かけられた…らしい、、??

 

ちょっと、、、いや、、、かなり舞い上がってしまったトミー爺、、しどろもどろの動揺状態に、、

 

それを見たスタッフは「コイツ何やってんだ?」みたいに思ったのかその後無言で預けたバッグを持ってきてくれました。


あとで、あの時なんていわれたのか?

冷静になって考えれば「終わったの?」って聞かれたことを理解、、もっと英語勉強しなければ…と猛烈に反省。

 

毎回、海外に来ると英語勉強しなきゃって思うんだよね、、帰りの空港とかで英会話教材売ればもうかるよね?、、何てね、、、。

 

トイレ側の水道でペットボトルの水補充する

 

その後、カミさんと合流、、最後にトイレに行った時に、持ち込んできたペットボトルの水が少なくなっているのに気が付く。

 

ハワイって自動販売機が無いんですよね、、でも天気が良くて汗もかいたし、のども乾いたし…。

 

日本なら自販機かコンビニがどこに行ってもあるけど、ここではね、、

 

どうしようかな…と思っているとトイレのソバにある水道でツアー客が水を補給しているのを発見、、、

 

おっと、その手があったか、、、トミー爺もちょっと飲んでみると旨い、、これは行ける、、、

 

早速、ペットボトルに水を補充する。

これでアラモアナまではOK。、、、一安心。

 

この方法、今回の滞在中何回か使わせてもらいましたよ、、これで自販機なくても怖くない、、笑い。

 

という事でカミさんと来た時に降りたバス停に向かう、、、バス停でワイトロパーを待つが、、ここって市バスの停留所?????

 

何処にもワイキキトロリーの名前が書いていない…いきなり不安になってくるトミー爺、、、

 

予定通りアラモアナショッピングセンターに行けるのか?

 

次に続く

 

 

ハワイバス、地球の歩き方

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【トミー爺のお勧めハワイ情報誌 】

ハワイ初心者からより深い情報を知りたい人にはもってこいの海外旅行バイブルのような一冊。トミー爺もお世話になりましたよ!

ただ、一つ難点は老人には情報が詰まり過ぎて文字が小さい、老眼鏡必携の一冊です。笑い。

地球の歩き方「ハワイオアフ島」】

地球の歩き方 ハワイ1 オアフ島&ホノルル 2018~2019

2018~2019年版の掲載内容。 定番・最新情報はもちろん、帰国後にハワイの歴史や文化などが知りたくなる、、そんなときに役に立つ情報も満載。

一家に一冊置いておきたいハワイのすべてを詰め込んだ究極のハワイ本。

  1. What'New
    今するべき「ホノルルの楽しみ方8」 ショッピング、ビーチホッピング、トレッキングに食べ歩き。目的別に200%楽しめるプランを紹介。

  2. Special
    注目のカポレイ。グランドオープンのカマカナアリイ。

  3. 特集
    インターナショナルマーケットプレイス/ファーマーズマーケット/ワイキキ史跡巡り/ローカルグルメ、ハワイアン料理/ (ウクレレハワイアンジュエリー、アロハシャツ、ムームー、コーヒー)

  4. 別冊マップ
    オアフ島/エリア別/ワイキキ・ホノルル詳細分割図/ワイキキトロリーの乗り方と路線図

 

地球の歩き方 リゾートスタイル ハワイ バスの旅 2018~2019】

 

2.5ドルで巡るオアフ島小旅行。 オアフ島を網羅する市バス、通称“THE Bus"。地元の人の重要な交通機関は、ビジターにも便利な交通機関

 

 

「2018~2019年版の内容は?」

  1. ザ・バスで行く、おすすめモデルルート ザ・バスの利用法/バスの旅体験談。

  2. ザ・バスの基礎知識 停留所とバスの乗り降り/乗換のノウハウ/バス内で気を付けたいこと/バスの最新情報を入手する/シャトルバス情報 ワイキキ・トロリー/ レンタカー情報 。

  3. 地球の歩き方オリジナルマップ ワイキキ/ホノルル/オアフ島/主要バス路線図/主要バス停の詳細図/ルート一覧/ビクトリア・ワード・センターズ/パールリッジ・センター/カパフル通り/ハレイワ・タウン 。

  4. 主要ルートのマップ&時刻表

  5. バスで行く旅の見どころ ショッピングセンター/タウン探訪/ビーチ/アトラクション/史跡・博物館