旅日記 還暦親父の諸国漫遊記

還暦親父の旅日記。日常出会える"グルメ" "ラーメン" "音楽" "旅行情報" "ダイエット"を還暦親父の哀愁目線で発信していきます。

ハワイで自炊「米」を持ち込む、、2合分け米パックが便利、、の巻

さぁ~て東京は本当に寒い…寒い、、という事で気分だけでも暖かくなってみたい…だったら「常夏のハワイ旅行」の話でしょう、、、

 

久しぶりに、Alo~haのトミー爺です。

 

f:id:tommysomekawa:20180616124236j:plain

 

この記事の内容は

 

今回のハワイ話は、コンドミニアムでの生活に欠かす事が出来ない「お米」の話…やっぱ日本人は「お米」がなきゃねぇ、、

 

ハワイの食事がどうも個人的には好きになれなかった…  

 

話は2年前のハワイ旅行での経験、、景色も雰囲気も最高なハワイ、、ただ個人的には食事がネックだったかな…

 

  • 一食の量が多い
  • 味付けが濃く、味も大雑把な感じ、、
  • その割には値段が日本の3~4割増し

 

2年前はハワイの食事、基本外食だったため「量の多さ」と「濃い味付け」になかなか馴染めず、、そこがネックだったんですよ。

 

という事で、今回のハワイ旅行には米を持ちこんで自炊をする事にしました。

 

米国に米を持ちこんで快適な食生活をエンジョイ作戦 

 

今回泊まるホテル、コンドミニアムの部屋には一通りの家電はそろっているという情報を事前ゲット。

 

ただ実際、部屋に備え付けだったのはちょっと古めでシンプルな炊飯器だったけど、、それが良かったのか?ピクニック気分だから美味しかったのか?

 

普段家で食べるご飯よりは気のせいか美味しかった…笑い。

 

 

ただ持ち込むにあたって気になるのは2点。

でたよ、、心配性のトミー爺、、、笑い。

 

  1. 入国、税関の審査が心配、、初体験だからね、、
  2. どんな米を持っていけばよいのか? 

 

まず最初の税関の審査については、以前ドタバタ劇を演じた記事を紹介させてもらったのでそれでチェックよろしくです。

 

enjoy-ongaku-tabi.tommysomekawa.com

 

その次に心配だったのは、、どんな米を持っていけばよいのか?

それは精米された白米に決まっているでしょ、、

 

じゃなくて、、、どのようにパッケージして持っていけばよいのか?

という事、、

 

二人で4日間の生活だったので、米の量はそんなに必要ではない…、、という事は?

 

小分けしたお米って何処に売っているの? 

 

最初に考えたのはお米って一般的には2キロ売りからって考えるのが一般的なのかな?独身生活用に、、と考えても最低1キロ売りじゃないか?

 

などと考えていると近所のスーパーで「2合」分のお米パックを発見したんです。

 

image

 

あった~~!あるじゃないか!!

 

簡単 使い切り 無洗米 「北海道産のななつぼし」2合パック

 

最初、家で食べている米を小分けにして持っていく事も考えたけど税関では未開封の米の方が良い…というネット情報をゲット

 

探してみるもんですね、、、、

それも地元のスーパーにあるってのがびっくり。

 

無洗米っていうのもうれしい!!

 

2合といえば、カミさんと二人、夜に2合炊けば晩御飯、それと翌日の昼ごはん(おにぎり)分で丁度消化できる分量。

 

これを4パック購入した。

 

重さ的にも1パック290gという事で、4パックでも1kg強、スーツケースで二人で分担するとそれほど苦にはならない重さ、、

 

また、今回の「ななつぼし」けっこう美味しかった。

 

今回のハワイ旅行での我が家の食事パターンは?

 

さて、お米を持ち込んだハワイでの我が家の食卓はどんな感じだったのか? 

  • 朝食
    温かいコーヒー、トースト、目玉焼き、野菜サラダ、ちょっと軽めのメニュー、、なんせドタバタしながらの食事だったのでこれがベスト献立かな、、

    調味料として用意したのはバター、、バターはトーストにも使えるし、目玉焼き、ステーキを焼く時にも油としても使える、、カミさん頭良し!

  • 昼食
    自家製?夜のうちにおにぎりを作っておいてそれを持ってハワイ見物、パールハーバーとか出雲大社ではピクニック気分でおにぎりをパクリ。

    それ以外はアラモアナのフードコートで軽い食事など、、

  • 夜食
    ホテルに戻ってカミさんの手料理、、肉系、サラダ、ご飯、などなどそれ以外はトミー爺はお酒を飲みながらおつまみを食べる

    ハワイで食べる我が家の食卓って感じかな?

 

それとハワイでは肉が結構安く手に入るので、肉好きの人にとってはコンドミニアムで贅沢にステーキ三昧も良いかもよ

 

あとサイコロ風にカットされたマグロの刺身、ごま油などであじつけた「ポキ」、、これはお酒のつまみにいけるよ!

 

まだまだ続きますよハワイレポート、、お楽しみに

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【トミー爺のお勧めハワイ情報誌 】

 

ハワイ初心者からより深い情報を知りたい人にはもってこいの海外旅行バイブルのような一冊。トミー爺もお世話になりましたよ!

ただ、一つ難点は老人には情報が詰まり過ぎて文字が小さい、老眼鏡必携の一冊です。笑い。

 

地球の歩き方「ハワイオアフ島」】

地球の歩き方 ハワイ1 オアフ島&ホノルル 2018~2019

 

 

2018~2019年版の掲載内容。 定番・最新情報はもちろん、帰国後にハワイの歴史や文化などが知りたくなる、、そんなときに役に立つ情報も満載。

一家に一冊置いておきたいハワイのすべてを詰め込んだ究極のハワイ本。

  1. What'New
    今するべき「ホノルルの楽しみ方8」 ショッピング、ビーチホッピング、トレッキングに食べ歩き。目的別に200%楽しめるプランを紹介。

  2. Special
    注目のカポレイ。グランドオープンのカマカナアリイ。

  3. 特集 インターナショナルマーケットプレイス/ファーマーズマーケット/ワイキキ史跡巡り/ローカルグルメ、ハワイアン料理/ (ウクレレハワイアンジュエリー、アロハシャツ、ムームー、コーヒー)

  4. 別冊マップ
    オアフ島/エリア別/ワイキキ・ホノルル詳細分割図/ワイキキトロリーの乗り方と路線図

 

地球の歩き方 リゾートスタイル ハワイ バスの旅 2018~2019 】

 

2.5ドルで巡るオアフ島小旅行。 オアフ島を網羅する市バス、通称“THE Bus"。地元の人の重要な交通機関は、ビジターにも便利な交通機関

 

「2018~2019年版の内容は?」

  1. ザ・バスで行く、おすすめモデルルート ザ・バスの利用法/バスの旅体験談。

  2. ザ・バスの基礎知識 停留所とバスの乗り降り/乗換のノウハウ/バス内で気を付けたいこと/バスの最新情報を入手する/シャトルバス情報 ワイキキ・トロリー/ レンタカー情報 。

  3. 地球の歩き方オリジナルマップ ワイキキ/ホノルル/オアフ島/主要バス路線図/主要バス停の詳細図/ルート一覧/ビクトリア・ワード・センターズ/パールリッジ・センター/カパフル通り/ハレイワ・タウン 。

  4. 主要ルートのマップ&時刻表

  5. バスで行く旅の見どころ ショッピングセンター/タウン探訪/ビーチ/アトラクション/史跡・博物館