旅日記 還暦親父の諸国漫遊記

還暦親父の旅日記。日常出会える"グルメ" "ラーメン" "音楽" "旅行情報" "ダイエット"を還暦親父の哀愁目線で発信していきます。

器の中の日本庭園「秋の夜長に月見春菊天そば 必殺玉落とし」

お疲れ様で~す、、のトミー爺です。

 

さて、久しぶりの西葛西駅、、と来たら、、そうです立ち食いそば「そば処やしま」さん。

 
またまた戦国時代へのご招待の時間がきました。
 
今日の「そば処やしま」さん、トミー爺の一押しの「月見春菊天そば 必殺玉落とし」の紹介をさせて下さい。
 

f:id:tommysomekawa:20180827173337j:plain

 

ここのお店の天ぷら系は、お店の奥で揚げていて、出来たてをお店に出してくれるから、サクサクなんです。

 

春菊天、、迫力あっておいしそうでしょ…

さぁて、戦国蕎麦レポの始まり始まり、、、、お楽しみに…

 

朝の活力はやしまの春菊天から

はい、いつもの「そば処やしま」さんです。

 

このお店は東京メトロ東西線西葛西駅下にあるお店。

 

f:id:tommysomekawa:20180730175436j:plain

 
正式名称は「江戸きりそば やしま」というらしいですね。
 
 
蕎麦って意外に栄養あるって知ってました?
ここの所、東京は残暑真っただ中、うだるような気温は体力を削いでいきますよね、、、そういう時は大好きなそばを食べてちょっと秋の気配を召し上がれ…?
 
 
【蕎麦の栄養】
 
蕎麦が持っている栄養は
  • 毎日の疲れや身体の抵抗力を高める効果や
  • 成人病や生活習慣病を予防する効果があるらしい。
  • 疲労回復に役立ち、体の免疫力を高めるビタミンB1、ビタミンB2や血液サラサラのルチンなどが含まれている。

 
という事で、「そば処やしま」さん、今日もお世話になります。
 

ちなみにやしまさんの営業時間って初めてチェックしましたよ。

 

f:id:tommysomekawa:20180827173421j:plain

 
火曜日が3時までなんですね、、、なんでだろう…
お医者様のようにそば学会のミーティングがあるのかな?
そんなわけないよね、、笑い、、定休日がないから半ドンなのか…
 
でも朝は必ず営業してくれるのが、さすが!
 
 
さて、今日のトミー爺の胃袋を満たしてくれるのはどれだ…
 
今日の気分は、、、、、野菜がオイラを呼んでいる…体が緑の野菜を欲しがっている…
 
とならば、久しぶりの春菊天そばでしょ、、
 

f:id:tommysomekawa:20180827173157j:plain

 
それに、、生卵…これも頂こう、、良質のたんぱく質は働き蜂トミーには絶対に必要なエネルギー源だ…
 

f:id:tommysomekawa:20180827173250j:plain

 
へー回数券ってあるんだねm、、
今度買ってみようかな…使用期限ってあるのかな?
 
春菊天そばが¥400円だろ、、、回数券が¥380円だから、そうすると、回数件+20円で済むのか…
 
なんて券売機の前で悩んでいると、、やば、、、!
後ろに人が並んでいる。
 
器の中の日本庭園、月浮かぶ春菊天そば 
さて「月見春菊天そば 必殺玉落とし」が来た。 
 
 

f:id:tommysomekawa:20180827173337j:plain

旗本「春 菊乃晋」、江戸の上屋敷での出来事
時は寛永〇年、旗本「春 菊乃晋」の江戸上屋敷。シーンと静まりかえった庭園に笛の音が響き渡っている。
 
庭内にある「そばの池」。
 
水面の中にさっそうと茂る樹木、そして水面に落ちたようなお月さまが映し出されていて、、なんとも幻想的なたたずまいだ。
 
 
そして左にこの屋敷のご隠居「春 ネギの芯」が芝に座って月見をしているように見えるではないか?
 
見えますか?玉子の左に居る「白いまあるいネギ」、、人間の顔のようにも見えますよね、、、?
 
えッ、、、見えない?????
いや、、ここはぜひそう感じて下さいね、、笑い。
 
何とも言えない風情のある世界に引き込んでくれるぜ「秋の夜長の月見春菊天そば、、必殺玉落とし」
 
 
そこに炎のような七味を振りかけた、、、オー紅葉が浮き上がって来るようだ。
 
f:id:tommysomekawa:20180827173317j:plain

 

庭園には一気に秋の気配が、、、、、

 

ヒュー、、、、ピーヒャラ、、、

遠くから笛の音が聞こえて来るぞ、、、、、

 

そんな静寂を破るようにトミー爺の宣戦布告の雄たけびがmmm

 

いただきま~す! 

まずはトミー爺、水面に映る月に箸を入れる…何という事だ、水面が夜風に揺れて映し出された月がゆらゆら揺れるように黄身が広がっていく。

 

遠くから聞こえる笛の音が「ピュツーーーーピュラリー、、、」

 

まずトミー爺、最初に蕎麦をジュル、、、次に汁をゴク、、蕎麦をジュル、、ネギをシャキシャキ、、、春菊天をザク、、、わかめをクチュ、、

 

何とも美味な「秋の夜長の月見春菊天そば 必殺玉落とし」

 

ジュル、、ジュル、、、ゴク、、シャキシャキ、、、ザク、、ジュル、、クチュ、、

 

どうにも箸と口が止まらない!!山本リンダ風で)

 

ザク、、ザク、、ゴク、、、クチュ、、、

 

ジュル、、ゴク、、ジュル、、、、ザクッ、、、

 

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 

ほら、完食、、、

 

「秋の夜長の月見春菊そば 必殺玉落とし」の世界がトミー爺のお腹の中に入って更なる進化がされているに違いない…

 

 
何とも残暑厳しい朝、「秋の夜長の月見春菊そば 必殺玉落とし」は一瞬秋の気配を感じさせてくれた。
 
トミー爺の「胃袋と目」も楽しませてくれるやしまのそば…
 
今日もご馳走さまでした。