旅日記 還暦親父の諸国漫遊記

還暦親父の旅日記。日常出会える"グルメ" "ラーメン" "音楽" "旅行情報" "ダイエット"を還暦親父の哀愁目線で発信していきます。

ハワイ旅行 トミー爺、成田でテロ対策のセキュリティチェックを受ける

さあ、いよいよハワイへ出発のトミー爺です、、、と言いたいところですが一大事勃発。

 

それは渡米目的の出国者無差別選抜に選ばれた、、これはアメリカからの要請で出国者を無差別で選別された「テロ対策用のセキュリティチェック」するというクジ?に当たってしまったらしい。

 

場合によっては出国できない事になる確率も…

 

このブログを読んでくれている皆さんも同じ境遇になるかもしれません。

 

興味あったらぜひチェックお願いします。

 

トミー爺さん見事にクジに当ったらしいようです 

 

今回のトミー爺一行(カミさんと二人)は4月5の夜、成田出発、、同日朝、4月5日午前9時55分、ハワイに到着するスケジュール。 

 
それは成田空港で搭乗手続き中に起こった、、、
 
トミー爺一行は、まず飛行機のチェックインを済ませよう…とANAのカウンター近くをウロウロ、、
 
なんか優しそうな女性スタッフを発見して
 
「あのー、、飛行機のチェックインの仕方教えてもらえますか?」
「すみません、、何せ初めて何で…」
 
とお願いをしたところ、快く手続きをしてくれるようだ…
 
まずはカミさんのチケットで手続き、、難なく終了。
 
そして次はトミー爺の番。
 
ANAのスタッフ「アー、、、」と一言。
 
「???、、何がアー、、ですか?」と心でつぶやいたトミー爺。
 
その次に衝撃的な一言が
 
「トミー爺さん見事にクジに当ったらしいようです」と告げられる。
 
「クジに当たった?」
 
「何かくれるの?」
 
「なに?」
 
テロ対策用のセキュリティチェック 

 

よく話を聞いたところ、米国の要請で渡米する旅行者からアトランダムで人選された人に対して、その人のセキュリティチェックを念入りにされるらしい。
 
その人選に見事に当選したということらしい、泣き、、。
 
カミさんは笑うし、ANAスタッフは申し訳なさそうにトミー爺を見る。
 
「今回の出発は10番搭乗口なので、そこで待機していてください、、名前が呼ばれるので、指定の時間までに必ず10番ゲートまでお願いします」との指令を受ける。
 
カミさんと10番登場口に向けて歩く。
 
それが結構な距離があるんですよ、、それも「バクダン」を抱えながら歩くのって結構しんどいですよね。
 
オッとバクダンとは、、縁起が悪い、、
兎に角ドキドキ、ソワソワ、、もんですよ。
 
突然「奥様はOKですがトミー爺さんは出国できません…」と言われたらどうしよう…誰でも考えますよね。
 
最悪なシナリオを、、、、、
 
カミさんは呑気に「緊張してる?」と…笑いながら言ってくるし、、当たり前に緊張しています、、ハイ。
 
チケット没収され検査官の下へ

 

運命の10番登場口に到着。
 
どうやら順番に呼び出されるらしい…同じ境遇の方は何人かいて、一人ずつ呼ばれる感じ。
 
はい「トミー爺さん…」と空港ロビー中で聞こえる館内放送で名前を呼ばれましたよ。
 
 
なんか冷汗はかくし、手の平はジトッと汗をかいている…
 
いよいよトミー爺の番、パスポートと荷物、そしてチケット持ってカウンターに向かう。
 
そこで本人確認されてチケットは一時没収。
来たー、、運命の一瞬。
 
ドキドキしながら中に入る。
 

 

  1. まず、ポケットの中の物を出し、ベルトを外し、靴を脱ぎます。
  2. 頭の先からつま先まで、入念なボディチェックを受けます。
  3. 手荷物の中身も、財布の中身も、すべてチェックを受ける。
  4. 紙でサイフの中やカバンの内部、PCも何やら紙で拭いている。
  5. ボディチェックした手袋も、紙で拭いている?。

 

後で、なぜ紙で拭かれてチェックされるのか?

調べたら

 

拭きに使った紙は、硝煙反応を調べる機械にその場で通すらしいです。要は爆発物チェック、テロリスト確認というわけです。

 

 この検査は過去の犯罪歴や渡航場所などは関係なく、ランダムで行われているようですよ。

 

 

ようは飛行機を安全に飛ばすため、このようなセキュリティチェックは重要である、、それは解るが、、、、ドキドキさせないでよ。

 

検査官は外国の人、、俺、、英語ダメなんだけど

 

さて、話は少し戻って、、検査官は女性、外国の方のよう、、、もし英語で質問されたらどうしよう…ここでもドキドキ。

 
検査を受けていた時間は多分ものの数分くらいだったかな?
でももっと長かったように感じましたよ。
 
 「ハイOKです」と言われ、リュックに青いテープを付けられた。
 
「よし!!」これで晴れてハワイに行ける…と喜ぶトミー爺。
 
が、しかし、魔の一言が…
 
「青いテープは飛行機に搭乗するまでつけててください、何かあればまた声かけます」とスタッフの女性。
 
内心、「いや、声かけてくれなくても大丈夫ですよ」と思ったけど、まずは良かった、良かった。
 
そしてチェックゲートを出る時に先ほど没収されたチケットを受け取り、その足でビールを買いにすっ飛びました。
 
兎に角、のどはカラカラだし。。。まずはビールでしょ。

 

 
とんだお疲れ様だよね…本当に
この事をカミさんが娘に報告したらしい…
 
娘からは「変なところで運使い果たさないでね、、」
 
と言われてしまいました、、トホホ
 
やっと行ってきまースって感じでしょうか?
 
やれやれ
 
 
ここで皆さんにセキュリティ先輩から一言、
 
「えへん、、」
 
「もしあなたも運悪くランダムで選ばれたとしても、このチェックは飛行機を安全に飛ばすために必要なセキュリティチェックなので快く応じるようにしましょう。」
 
でも選ばれないのが精神的に良いのはもちろんですね、、笑い
 
さあ、出発だ!!
 
待っていろよハワイ!
 
トミー爺のハワイ珍道中の始まり始まり!!
 
f:id:tommysomekawa:20180814182004j:image
f:id:tommysomekawa:20180814182042j:image
f:id:tommysomekawa:20180814182030j:image