旅日記 還暦親父の諸国漫遊記

還暦親父の旅日記。日常出会える"グルメ" "ラーメン" "音楽" "旅行情報" "ダイエット"を還暦親父の哀愁目線で発信していきます。

中秋の名月「やしまの山も今宵限り、、別れ別れになる首途だあ」カァー、、

「そば処やしま」 

 

本日も、究極の一杯を求める還暦ハーフ親爺の「そばレポ」にお付き合いください。

 

今日、紹介させていただくのは

 

一杯のどんぶりの中の・・・・・

中秋の名月の下に繰り広げられる人間絵巻」です。

 

ぜひ呆れないで最後までお付き合いくださいね

 

 この記事の内容は

 

 

f:id:tommysomekawa:20181005074140j:plain

 

、、という事で、

おはようございま~すのトミー爺です。

 

朝夕、めっきりと冷えてきましたね、、

 

とうとう朝、布団との格闘が始まりましたよ、、皆さんはいかがですか?

 

朝も早よから血圧、尿酸薬で腹は、、、 

 

さて、今日も朝も早よから東京メトロ東西線「西葛西」駅に降り立ちましたよ、、。

 

という事で、もうお馴染みの?トミー爺が週一回教えに行っている専門学校での授業の日。

 

朝、何も食べないで、、いや、違うか、、、

朝、血圧と尿酸値を下げるお薬を食してきた、、という方が正しいかな?。

 

別に正しくても、正しくなくても皆さんにはかかわりない事、、、笑い。

 

つまりトミー爺のお腹は「That's 空腹感」

 

今日のトミー爺を呼ぶ蕎麦は、どいつだ!!?

 

かき揚げ天そば、必殺玉落とし、捕り物帳 

 

f:id:tommysomekawa:20181005074128j:plain


なんか、別に意味が無く、これって理由がないのですが「かき揚げ天そば、必殺玉落とし」が食べたくなり、、、

 

そしてダーン! 

 

f:id:tommysomekawa:20181005074133j:plain

 

今は秋だし、、ちょっと紅葉させてみようかな?

 

七味唐辛子をパラパラ、、

 

f:id:tommysomekawa:20181005074118j:plain

 

オー、かき揚げの上がパーッと紅葉、秋色に変身した、、、、

 

オヤ―?

まてよ、、

こうするとどうなる?

 

天地逆さの術!!

 

f:id:tommysomekawa:20181018173133j:image

 

やしまの山も今宵限り、、かき揚げ忠治は何処へ行く 

 

かき揚げの大地に浮かぶ満月、、その下に雲が浮かんでいる。。。

 

♪ フィユー、、、ピーヒャラ、、ララ― ♪

 

「やしまの山も今宵限り、、、」

「縄張りを捨て国を捨て、、、」

「かわいい子分のてめえたちとも別れ別れになる首途だあ、、、」

 

子分その1 「親分、、、!!」

子分その2 「親分、、、!!」 

 

喧嘩はめちゃくちゃ強く「かき揚げ忠治は鬼より怖い、にっこり笑って人を切る」とうたわれたかき揚げ忠治」。


忠治は1810年(文化7年)、上野国(こーずけのくに)佐位郡国定村(現在の群馬県佐波郡東村)の中農・与五左衛門の長男としてこの世に生を受けた。


本名はかき岡忠次郎、子供の頃から手が付けられないくらいの乱暴者で、17歳の時に人を殺し、勢多郡大前田村の大親分・ワーカーメー田 英五郎の許に身を寄せた。

 

そんな忠治も逃亡を重ねてここ「やしまの山」に流れ着き、いよいよ今生の別れ、、、

 

やしまの山の捕り物帳、、かき揚げ忠治の運命は 

 

、、と、そこに追っ手「トミー爺五郎」の一団が、、、

 

トミー爺五郎   「かき揚げ忠治だな、、観念しろ!」

 

かき揚げ忠治   「おー、、トミーのおっさんか、、」

         「何を、、小癪な、、、!!」

 

 

そばは追っ手、そうなるとネギとワカメは子分1、2ってとこだろうか、、

 

オー、トミー爺の胃袋に子分が攻めてくる、、両者入り乱れて

シコシコ、、、ツルーーー、、

 

小癪な、ネギとワカメの奴め、者ども、かかれー!!

 

追っ手小兵 「合点だ! 爺五郎、親分!!」

 

シコシコ、ツルーーー、、シャキッ、、クチャ、、

 

かき揚げ忠治にトミー爺五郎の一撃が、、ザクッ、、

 

なかなか美味いじゃないか、、

 

この「やしまの山」の捕り物帳は俺の食べる五感を楽しませてくれるぞ!

 

シコシコ、ツルーーー、、シャキッ、、クチャ、、ザクッ、、ザクッ、、ザクッ、、

 

うわぁー、、秋の紅葉、七味がのどに、、、ゴホッ、ゴホッ、

 

やるな、小癪な、、

 

シコシコ、ツルーーー、、シャキッ、、クチャ、、ザクッ、、ザクッ、、ザクッ

 

ザクッ!

 

ザクッ!ザクッ!ザクッ!、、、ザクッ!

 

ふーっ、、、、かき揚げ忠治

 

お縄にしてくれたわ!

 

 

f:id:tommysomekawa:20181005074122j:plain

 

晩秋の「やしまの山」では秋の虫が忠治を慕うように鳴いている、、、

 

お粗末様でした、、、バカにお付き合いありがとさん!

 

さあて、仕事に行ってくるか!!

 

皆さんも今日一日頑張りましょう!!